糖尿病の治療方法|血糖値を下げることができる3大療法がある

医者

受診を見直す

看護師

伊丹市内の病院にかかる時には、症状によっては、複数の病院ではなく、内科などの病院で一度に診てもらうことができます。また一度病院を違う病院に行ってみるなどをしてみるのもいいでしょう。その際には、お薬手帳を持っていくと、ドクターや調剤薬局で、自分の服用している薬がわかり重複や飲み合わせを未然に防ぎます。

専門医の診療の魅力とは

病院

世田谷区で内科医の診察を受けるときに人々が注目しているのが、通院のしやすさと治療の質の高さです。糖尿病や頭痛などの専門外来を受診することで、症状の原因を特定したうえで、最も適した治療が受けられるでしょう。

長く付き合える病院選び

看護師

自己流で糖質制限をして血糖値をコントロールしようと考える人もいますが、糖尿病をすでに発症している場合、必ず医師に相談してから行うようにしましょう。糖尿病の初期は自覚症状がないので、主婦の方などは自主的に検査をして早期発見に努めてください。小岩には糖尿病治療を得意とする病院が多数あります。

血糖値を攻略し健康生活を

普段から食事や運動に気をつけておけば安心です!糖尿病治療を始めるならこちらをチェック。効果的な民間療法もありますよ。

血糖値下げられる3大療法

医者

胃や腸と比べ、胃の裏側にある膵臓の存在は普段あまり意識されることがないものです。しかしながらこの臓器は非常に重要な働きをしています。膵臓の中で島のように浮かんでいるランゲルハンス島という部分から、インシュリンと呼ばれるホルモンが分泌されます。このインシュリンには血糖値を下げる作用があるため、人間が生きていく上で欠かすことができません。糖尿病は遺伝や生活習慣などの原因によって、このインシュリンが適切に分泌されなくなる病気です。そのため血糖値が高くなり、放置していると腎臓病や糖尿病性網膜症・心臓疾患などさまざまな合併症を引き起こします。高血圧や高脂血症などと同じく、糖尿病自体の症状よりも他の病気に発展した場合の方が問題なのです。糖尿病になっても適切な治療さえ受けていれば、そうした合併症を予防することができます。現代医学の力なら、血糖値のコントロールも十分に可能なのです。血糖値を下げるためには、食事療法・運動療法・薬物療法という3大治療が効果を発揮します。内科または内分泌内科・代謝内科では患者さん1人1人の個性に合わせた計算に基づき、最適な食事療法と運動療法のプランを作成しています。

インシュリンの効能

糖尿病の薬物療法に使われるのは、血糖値を下げる薬が中心です。これには経口薬を使う方法とインシュリンを直接注射する方法の2種類があります。合併症の症状が現われていれば、それぞれの症状に合わせた薬も処方されます。血糖値を下げる薬にもいろいろな種類があって、それぞれ働きかける臓器や作用の仕方に違いが見られます。膵臓に働きかけてインシュリン分泌を促進させる薬もあれば、肝臓や胃腸に作用して糖吸収を抑える薬もあります。医師は患者さんの体質や病状の進行具合を見ながら、適した薬を選んでいるのです。経口薬で血糖値に改善が見られなければ、自分でインシュリンを注射する治療が実施されます。血糖値を下げるホルモンを体内に直接注入するのですから、薬と比べて効果はずっと高いものです。最も早く効き始めるタイプでは10分後に血糖が下がってきます。1時間から2時間後に効果が出始めるタイプは持続時間も長いため、症状の軽い患者さんに向いています。こうした治療によって、血糖値のコントロールという課題もクリアできるものです。3つの治療法を実践しながら合併症もなく健康な生活を送っている患者さんは、全国に100万人以上もいるのです。